互換インクが切れたら交換すれば万事休す!

婦人

料金だけでないメリット

IP電話を導入する理由は電話料金を下げることでIP電話では全国一律料金での通話が可能ですし、また同じ電話網であれば通話料金が無料で利用できるなどのメリットがあります。また料金以外にも050番号が割り当てられ、固定電話と違って地域を移動してもその番号を使い続けることができるメリットがあります。

コピー機

借りる方法とその流れ

コピー機のリースは、リース会社を通して行います。営業を呼ぶと、打ち合わせができますので、希望の台数や機種を伝えましょう。そして、見積もりが届き、契約を済ませれば支払い能力があるかどうかの審査が入ります。この審査に通れば、リース会社から、コピー機が設置されます。

3Dプリンタ

導入すべきOA機器とは

現在では様々な分野での活躍、そして大きな可能性を秘めている3Dプリンター。必要に合わせて、様々なタイプから選択可能な時代となっています。予算と使用用途にあった1台を導入することが出来ますので、是非ご検討してみられるのはいかがでしょうか。

プリンタの維持費を下げる

カートリッジ

純正品に劣らぬ品質

現在ではどこのオフィスでもパソコンとプリンタが必需品となっていますが、そこで課題となってくるのがランニングコストの節減です。プリンタはメーカーごと・機種ごとに構造や印刷方式が異なるため、インクはそれぞれ専用の製品を使う必要があります。ただ、それぞれのメーカーが製造販売している純正品はかなり高価です。そこで、活用すると便利なのが、互換インクです。互換インクとは、メーカー以外の業者が製造しているが、それぞれのプリンタに適合するよう作られたインクのことです。互換インクには、純正品と同サイズだが独自に作られたカートリッジを使用するものと、回収した純正カートリッジにインクを再充填したものとの2種類があります。また、購入者が自分で純正カートリッジにインクを詰められる、ボトル売りのタイプもあります。互換インクのメリットは、何と言っても価格が安いことです。かつては「安かろう悪かろう」ということで、品質が不十分な製品が少なくなかったのですが、現在では純正品と比べても見劣りしないレベルのものも販売されています。純正品を使用しなかった場合、故障時にメーカーの無償保証が受けられないリスクがあるのですが、実際にトラブルが起きるケースは極めて少なくなっています。価格が安いということは、コストを気にせず気軽に使えるということを意味します。プリンタは使用頻度が低いと目詰まりを起こしてしまい、ヘッドクリーニングで大量のインクを消費することになります。低価格の互換インクを活用すれば、頻繁に使うことで結果的にインクの消費量を抑えることにもなります。